経営革新計画の策定

「中小企業等経営強化法」に基づき、中小企業の方々が新たな事業活動に取り組まれる「経営革新計画」の承認申請をし、承認を受けると、低利の融資や信用保証の特例、販路開拓の支援などの支援策を受けることができます。また、補助金申請の際の加点がつくことがあります。


 経営の革新性は自社にとって新しい取り組みであればよく、その取り組みをすることで3年から5年先の自社事業への影響を記載します。

 数年先の目標に向けて策定した計画が、いつまでに何をやるべきかの指針になり、目標が立てやすくなります。



 

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示