建設キャリアアップシステムとは

 

建設業を支える優秀な人材を確保するため、技能者がその技能と経験に応じた適正な評価や処遇を受けられる環境を整備することを目的としては平成31年4月に始まりました。

技能者の現場における就業履歴や保有資格などを、技能者に配布するICカードを通じて、システムに蓄積することにより、技能者の処遇の改善やを図ることを期待されています。

国交省が推奨しており2023年までに原則化されると言われています。

現在時点で外国人実習生の受け入れには必須となっており、今後、取得しないとゼネコンからの仕事が請け負えなかったり、公共工事の入札で不利になることが想定されます。

<取得するメリット>

・事業者…公共工事の加点

     経営審査事項の加点

     技能者の能力や保険加入状況の見える化

     賃金根拠の明確化

     現場管理と事務作業の効率化

・技能者…自らの能力を客観的に証明可能

     処遇改善に役立つ

     退職時の建退共掛け金を漏れなく積み立て可能

登録手数料は、事業者は資本金に応じて6,000円~(一人親方は0円)、技能者登録は2,500円~