入札参加資格

 

​国や自治体が発注する公共工事を受注するためには、まずその国や自治体の入札参加資格名簿に載っていることが必要です。

その名簿に記載されるための手続きが、入札参加資格申請です。

 

公共工事を受注することで安定的な収入、取引先からの信頼を得ることができます。

入札機会を逃さないために、入札参加資格を持ち続けていることが重要です。

入札参加資格の有効期間は概ね1~3年です。

有効期間は自治体によって異なりますので、しっかりと期日管理をしていなければ機会ロスが生じてしまいます。

初めての方はもちろん、更新申請など入札参加資格申請手続きのアウトソーシングをお考えの方は期日管理も含めてご相談ください。