旅館・ホテル営業許可と必要な手続き

 

旅館業とは、「旅館・ホテル営業」「簡易宿所営業」「下宿営業」のことです。

 

管轄の保健所へ手数料を支払い、申請書と添付書類を提出し許可証を得て営業を開始します。

旅館業申請に伴い、消防署への届出・申請も必要となります。

その他、建築基準法など関係法令の規制を受けますので、

建物を新築・増改築を行う場合には、着手前に自治体へ協議をする必要があります。