経営事項審査

経営事項審査は一般的には”経審”と呼ばれ、建設業者が公共工事の入札に参加するために、必ず受けなければならない審査です。

どれくらい工事の実績があるのか、資格を持っている技術者は何名いるのか、自己資本額はどれくらいなのか、利益はどれくらいなのか、社会保険にはきちんと加入しているのかなど、いろいろな審査項目から建設業者の状況を分析・数値化して、総合評価を出します。

経営事項審査を受けることにより、建設業者の能力(経営状況や経営規模)が数値化されます。
業界では建設業者の通知表とも呼ばれ、
この数値は、公共工事の発注者の判断基準になるとても重要なものになります。