外国人の受入れ

日本における人材不足は深刻で、次世代の技術者の担い手は外国人が増えてくるでしょう。

​2019年に国交省から外国人労働者の受入基準に関する公示があり、その中で外国人を受け入れる場合に、受入事業者が建設キャリアアップシステムに登録することが義務化されました。

もともと登録が義務化されていた特定技能外国人に加え、2020年1月からは、技能実習生と外国人建設就労者に関しても登録が義務となっています。

建設業従事者に必要な在留資格
・技能実習生
・特定技能外国人
・外国人建設就労者

 

ビザの相談はこちらへ↓↓↓